観光の未来(横浜地域)

政府の観光政策の効果もあり、訪日外国人が劇的に増加しています。また、2020年には東京オリンピックが開催されるなど、日本の観光の状況は大きく変化しています。今後、この日本の観光はどのような道筋をたどるでしょうか。本講座では「忍者」「武士」「祭り」といった日本の文化を活用する先駆的な事業者が登壇し、インバウンド観光をはじめとする日本観光のトレンドを覗きみるものです。世の中を予測することは容易ではありませんが、日本、そして横浜の観光の未来を共に考えてみませんか。

観光・まちづくり

第1回 「観光」の定義と根本 ~日本と横浜のポテンシャル~
  講師:有馬 貴之(横浜市立大学国際教養学部准教授)
第2回 「忍者」を活かした観光事業 ~歴史活用の未来~
  講師:甚川 浩志(風魔一党・指南役、野人流忍術「野忍」主宰)
第3回 「武士」を切り口とした宿泊事業 ~ユニバーサル観光の今後~
  講師:高野 朋也(鎌倉武士、鎌倉ゲストハウス彩代表)
第4回 「祭り」の活用 ~観光における文化体験の未来~
  講師:山本 陽平(祭り専門家、オマツリジャパン共同代表取締役)

主催
公立大学法人横浜市立大学地域貢献センター
日時
2019 11/7~12/12 18:30~20:00
会場
横浜情報文化センター7階大会議室(中区日本大通11)
お問い合わせ
045-787-8930
横浜市立大学地域貢献センター