SNOAみかん農園プロジェクト(県西地域)

 県西部で増加している耕作放棄されたミカン農園を再生する活動を通じて、シニア世代の皆さんに健康づくりや生きがいの場、農業体験の機会を提供することを目的にしています。

観光・まちづくり

 2016年、小田原市早川地区のミカン栽培の耕作放棄地を開墾して農地として復活させ、8種類40本の柑橘の苗木を植えました。その後、年間のスケジュールに沿って、月1回2時間程の作業で施肥、剪定、害虫防除、下草刈りなどの農園管理を継続しています。  3年が経過し、果実の収穫ができるようになってきました。相模湾を一望する風光明媚な農園で、爽やかな汗をかいて心も体もリフレッシュしましょう。

主催
シニアネットワークおだわら&あしがら(SNOA)
日時
毎月 第4日曜日 9:00~11:00
会場
小田原市早川地区の「SNOAみかん農園」
お問い合わせ
090-2940-2466(安藤) または 080-1193-5436(市川)

参加者の声

  • 全く違う仕事をしていた人達に出会えて、教わり、教えの関係が築かれ、自分の知識を活かすこともできる。
  • みかんの成長が子供の成長のようで、自分の年齢を忘れてしまう。
  • 相模湾が一望できる。晴れた日は特に眺望がよく気持ちがいい。